広告

ケノンとブラウン12項目比較!どっちがオススメか両方使って比べてみた

脱毛器

ケノンとブラウンどっちがいい?
ケノンとブラウンの違いを比較して教えて

脱毛器ケノンとブラウンはどっちを選べばいいのか、迷いますよね。

ケノンはハイパワー重視で家族とシェアができるほどの照射回数があり本格派、一方ブラウンはやさしさ重視でコンパクトなハンディ式で1人で手軽に使いたい人向けです。

ケノンとブラウン脱毛器どっちがいい?比較

ケノンとブラウンの比較を以下の表にまとめました。

脱毛器ケノンブラウン脱毛器
値段(税込)69,800円約9万円
出力パワー最大35j*最大18j
使用範囲顔~vioまでほぼ全身
男性も同じ〇
顔~vioまでほぼ全身
男性はヒゲとvioは×
照射回数最大300万発
カートリッジ交換〇
約40万発
使い切り製品
照射レベル10段階
自分でレベルを設定
10段階
お肌色自動識別
照射スピード最短0.46秒最短0.5秒
冷却機能××
連射機能
照射モードカートリッジを付け替えて
美顔器として使える
やさしいモードあり
子どもメーカーでは非推奨メーカーでは非推奨
生産国日本イギリス
*ストロング2使用時において、値段は記事作成時点の情報でまとめています

ケノンとブラウンを両方使った筆者からすると、ハイパワーなのはケノン。

体毛が多く剛毛のコンプレックスを解消したい人にはケノンをおすすめします。

筆者
筆者

どちらを買えばいいか悩みますよね。ケノンとブラウンを徹底比較した結果は以下の通りです。

ケノンがおすすめな人
  • お肌に使うモノだからこそ日本製を選びたい人
  • ハイパワー重視で剛毛に早い結果を求めたい人
  • ヒゲやvioのお手入れがしたい男性
  • 家族や恋人とシェアをしたい人
  • 照射回数がたっぷりあった方があんしんな人
  • お肌の調子に合わせてレベルを1つずつ自分で決めたい人
  • ムダ毛ケアだけでなく美顔器としても使いたい人
  • 色素沈着した箇所にも照射してムダ毛ケアをしたい人

ケノン公式サイトで詳細を見る≫

ブラウン脱毛器がおすすめな人
  • ハンディ式で手軽にサッと使いたい人
  • 顔~vioに使いたい女性
  • ヒゲやvioに使う予定のない男性
  • ハイパワーよりもやさしさを重視したい人
  • どちらかというとお肌色が明るい人
  • 1人~2人分の照射回数があれば十分な人
  • 日焼け~色素沈着した箇所はお手入れできなくてもいい人

ブラウンシルクエキスパートを公式ストアで見る≫

【SEAL】ブラウンビューティー公式ストア楽天で50%OFFキャンペーン中!
*2024年3月11日1時59分まで

クーポンは予告なく終了する場合があります

  1. ケノンとブラウンどっちがオススメ?【比較結果】
    1. ケノンはハイパワーで圧倒的な認知度のある日本製脱毛器!
    2. ブラウンは洗練されたデザインと使いやすさが話題の脱毛器!
    3. ケノンとブラウンを両方使って、私が選んだのはケノン!
  2. ケノンどブラウン12項目比較!どっちがいい?
    1. 比較①生産国が日本製なのはブラウンではなくケノン
    2. 比較②値段が安くてコスパが良いのはブラウンよりケノン
    3. 比較③使用部位が男女問わず顔~vioまで対応しているのはブラウンよりケノン
    4. 比較④照射スピードが速く時短ケアできるのはブラウンよりケノン
    5. 比較⑤照射回数が多くあって家族でシェアしやすいのはブラウンよりケノン
    6. 比較⑥照射レベルをお肌色にあわせて自動調節するのはケノンよりブラウン
    7. 比較⑦寿命が長くじっくりと使えるのはブラウンよりケノン
    8. 比較⑧ハンディが軽いのはブラウンよりケノン
    9. 比較⑨男女ともにvioに使えるのはブラウンよりケノン
    10. 比較⑩美肌ケアとして使えるのはブラウンよりケノン
    11. 比較⑪男性の髭に使えるのはブラウンよりケノン
    12. 比較⑫子どもに使えるのはブラウンよりケノン
    13. ケノンとブラウン脱毛器どっちがいい?【比較まとめ】
  3. ケノンとブラウン脱毛器どっちがいい?メリット・デメリットを比較
    1. ケノンのメリット・デメリット
    2. ブラウンのメリット・デメリット
  4. ケノンとブラウンどっちを選ぶ?ケノンがおすすめな人の特徴
  5. ケノンとブラウンどっちを選ぶ?ブラウンがおすすめな人の特徴
  6. まとめ:ケノンとブラウンどっちがいい?違いを比較してみた!

ケノンとブラウンどっちがオススメ?【比較結果】

ケノンとブラウン脱毛器どっちがいい?比較

光美容器ケノンブラウンシルクエキスパートを比較表にまとめました。

脱毛器ケノンブラウン脱毛器
値段(税込)69,800円約9万円
出力パワー最大35j*最大18j
使用範囲顔~vioまでほぼ全身
男性も同じ〇
顔~vioまでほぼ全身
男性はヒゲとvioは×
照射回数最大300万発
カートリッジ交換〇
約40万発
使い切り製品
照射レベル10段階
自分でレベルを設定
10段階
お肌色自動識別
照射スピード最短0.46秒最短0.5秒
冷却機能××
連射機能
照射モードカートリッジを付け替えて
美顔器として使える
やさしいモードあり
子どもメーカーでは非推奨メーカーでは非推奨
生産国日本イギリス
*ストロング2使用時において、値段は記事作成時点の情報でまとめています

ケノンはハイパワーで圧倒的な認知度のある日本製脱毛器!

脱毛器ケノンと脚の写真

ケノンは日本製の脱毛器で部品~照射ランプに至るまでほぼ全てが国内製造です。

ケノンは本体とハンディが別になっているため、出力を左右するコンデンサを本体に4個も搭載。

家庭用脱毛器では圧倒的にパワフルな最大35jで照射ができ、ヒゲやVIOなどの剛毛ケアをしたい人から支持されています。

購入者の4人に1人が男性ですね。

ケノンはパワフルですが、独自のUSPL式により照射から約0.002秒で最大出力に達するので痛みはほぼありません。

通常装備のスーパープレミアムカートリッジでMAXのレベル10まで照射できましたよ。

ケノンはお肌の調子を確認しながら自分でレベルを1つずつ設定して照射できるのも良かったです。

本体は大きめですが、パワフルな照射が衰えることがなく、体毛のコンプレックスを解消したい人にはピッタリだと感じます。

ケノン公式サイトで詳細を見る≫

ケノンはどこで買うべき?⇒ケノンをお得に買って失敗しない方法

ブラウンは洗練されたデザインと使いやすさが話題の脱毛器!

ブラウン脱毛器は洗練されたデザインとハンディタイプの使いやすさが魅力の製品です。

出力パワーは最大18jあり、サロン仕様のムダ毛ケアを体感できます。

モードには「超やわらか」があり、デリケートな部位にもやさしい使い心地を求められます。

ただし、顔~VIOまで使えるのは女性のみ、男性はヒゲとVIOは非推奨です。

男性の方は使用範囲がとても限られますので気をつけてくださいね!

照射レベルはお肌色自動識別により明るい肌には強いパワー、日焼け~色素沈着したお肌には弱いパワーもしくは照射不可判定になる仕組みです。

必ずしも最大18jのハイパワーを体感できるとは限らず、照射がされないもどかしさを実感する人もチラホラいるのが事実です。

よって、ブラウン脱毛器はお肌色が明るめの女性おすすめの製品だと感じます。

軽くて使いやすいメリットもありますが…ブラウン脱毛器は使える人が限られますね。

ブラウンシルクエキスパートを公式ストアで見る≫

ブラウンはどこで買うべき?⇒ブラウンをお得に買って偽物を回避する方法

ケノンとブラウンを両方使って、私が選んだのはケノン!

ケノンとブラウン脱毛器どっちがいい?比較

ケノンとブラウンを両方使って比較した結果、ハイパワーなのはケノンで痛みが少ないのもケノンだと分かりました。

ケノンは照射ランプが2個あり、連続使用しても威力が衰えることはありません。

本体にコンデンサを4個も搭載していて、ハンディ式のブラウンより強力パワーだと感じました。

そして何より痛みが少ない…!ケノンは照射後、約0.002秒で最大出力に到達するので痛みを感じるヒマもない感じです。

ケノンは日本製で日本人のお肌に合うように作られています。

イギリス製のブラウンよりケノンの方が私には合っていましたね。

ケノンとブラウン脱毛器どっちがいい?比較

一方ブラウンはハンディ式で手軽に使えるメリットがある一方、パワーはケノンに比べると控えめな印象。

お肌色に合わせてレベルを調整する自動識別センサーがありますが、お肌色が明るい箇所は保冷剤で冷やさないと熱や痛みが意外とあるな…という印象です。

ブラウンはお肌色自動識別により、色素沈着にはなかなか反応しません。
そういったところも、デメリットかなと…。

そしてブラウン脱毛器は男性のヒゲに使えないので、夫婦でシェアできないのもネックに感じましたね…。

ブラウンはハンディ式で収納がラクだったり手軽に使えるのは良かったんですが…個人的にはケノンの方が圧倒的にムダ毛ケアに満足できました。

結果を求める脱毛器だからこそ、ハイパワー&自分でレベルを設定できるケノンの方がわたしには合っていたようです。

ケノンは大人気の日本製脱毛器です。在庫切れになると最大1か月待つ可能性があります。
ケノン公式サイトでリアルタイムの在庫を見る≫

あわせて読みたい≫ケノンを実際に使った私のレビュー記事

あわせて読みたい≫ブラウン脱毛器を実際に使った私のレビュー記事

ケノンどブラウン12項目比較!どっちがいい?

ケノンとブラウン脱毛器どっちがいい?比較

ケノンとブラウンを12項目で比較しました。

  1. 生産国…日本製はケノン
  2. 値段…値段が安いのはケノン
  3. 使用部位…男女ともに全身に使えるのはケノン
  4. 照射スピード…速いのはケノン
  5. 照射回数…たっぷり打てるのはケノン
  6. 光調節…自動設定はブラウン
  7. 寿命…長く使えるのはケノン
  8. ハンディの重さ…軽いのはケノン
  9. vio…男女ともに使えるのはケノン
  10. 美肌ケア…美顔器として使えるのはケノン
  11. 髭脱毛…男性の髭に使えるのはケノン
  12. 子ども…どちらも注意が必要

項目を1つずつご紹介していきます。

比較①生産国が日本製なのはブラウンではなくケノン

家庭用脱毛器ケノン
ケノン
家庭用脱毛器ブラウンシルクエキスパート
ブラウン
生産国日本イギリス

生産国はケノンが日本製です。

ケノンは日本国内に専用の工場があり、部品~本体の組み立てまで一貫して日本製にこだわっています。

お肌に直接使う照射ランプはコンタクトレンズで有名な日本企業HOYAとの共同開発品です。

やさしさにこだわり有害なフラッシュは一切出ません。

ケノン照射

この照射ランプが決め手になりケノンを買う人も少なくないようです。

一方、ブラウン脱毛器はイギリスで有名な電気シェーバー(髭剃り)の会社が作っています。

ブラウンのシェーバーは中国やイギリスで生産されていますが、ブラウン脱毛器の詳しい製造国は不明です。

おそらくイギリス製ですが、部品までは詳細はわからないですね。

よって、お肌に直接使うモノだからこそ日本製を選びたい人はケノンをおすすめします。

比較②値段が安くてコスパが良いのはブラウンよりケノン

家庭用脱毛器ケノン
ケノン
家庭用脱毛器ブラウンシルクエキスパート
ブラウン
値段(税込)69,800円99,880円
(型番による)
1照射あたりの
コスパ
約0.023円約2.49円
1照射あたりのコスパは値段÷照射回数で計算しています

値段が安くてコスパが良いのはケノンです。

ケノンは税込み69,800円で本体+通常装備カートリッジやサングラスなど一式がセットになっています。

ケノンの1照射あたりのコスパは約0.023円と、脱毛サロンに通うよりも圧倒的な安さです。

ケノンセット内容

一方、ブラウン脱毛器は型番によって値段に差がありますが、だいたい8万円~9万円します。

後述していますがブラウンはカートリッジ交換なしの使い切り製品ですので、ランニングコストがかからないメリットがあります。

しかし照射回数を全て打ち終わったら製品ごと買う買える必要があり、出費はケノンよりもかさむ印象です。

ブラウン脱毛器はシーズンやECショップのお得な日を狙えばもう少し費用を抑えて買うこともできます。

コスパ重視さんにはケノンがおすすめですよ。

比較③使用部位が男女問わず顔~vioまで対応しているのはブラウンよりケノン

家庭用脱毛器ケノン
ケノン
家庭用脱毛器ブラウンシルクエキスパート
ブラウン
使用部位顔~vioを含むほぼ全身
男性も〇
顔~vioを含むほぼ全身
男性はヒゲ、vio×

使用部位はケノンとブラウンで大きく違います。

男女問わず顔~vioまでほぼ全身に対応しているのはケノンです。

その一方でブラウン脱毛器は女性のみ顔~vioまで対応、男性はヒゲとvioには非推奨です。

ブラウン脱毛器

ブラウンでは男性がヒゲ脱毛をすると「ムラが出る」として使用をNGにしています

したがって男性がブラウン脱毛器を買ってしまうと使用部位に制限が出てしまいますのでご注意ください。

男性ならケノン一択!

男女問わずほぼ全身に使ってムダ毛ケアをしたい人や、家族や恋人とシェアをしたい人はケノンをおすすめします。

比較④照射スピードが速く時短ケアできるのはブラウンよりケノン

家庭用脱毛器ケノン
ケノン
家庭用脱毛器ブラウンシルクエキスパート
ブラウン
照射スピード最短0.46秒最短0.5秒

照射スピードが速いのはケノンです。

ケノンは最短0.46秒で照射ができます。

とはいえ、ブラウンも最短0.5秒で照射ができるため、実際はそこまでスピードに差はありません。

少しでも時短ケアをしてムダ毛ケアにスピード感を求めたい人はケノンを選ぶと良いでしょう。

ケノンもブラウンも連射機能があるので、より効率良くお手入れができますよ。

比較⑤照射回数が多くあって家族でシェアしやすいのはブラウンよりケノン

家庭用脱毛器ケノン
ケノン
家庭用脱毛器ブラウンシルクエキスパート
ブラウン
照射回数最大300万回
(全身1216回分)
最大40万回
(全身298回分)

照射回数が多いのはケノンです。

ケノンはセットに通常装備されているスーパープレミアムカートリッジで最大300万発の照射回数があります。

全身脱毛にすると約1216回分に相当する照射回数です。

ケノンは1人で全身を徹底的にお手入れすることも、家族や恋人とシェアをすることも十分にできます。

ケノン脱毛器

ケノンは1台持っておけばほぼ永久的に使えると言えますね。

一方、ブラウン脱毛器は40万発の照射回数で、ケノンに比べると7分の1の照射回数しかありません。

ブラウン脱毛器は1人で使うなら困りませんが、家族みんなで全身に使うとすると足りなくなる可能性があります。

ブラウン脱毛器はカートリッジ交換式でもないため、照射回数が足りなくなったら製品ごと買い替える必要があることを理解しておきましょう。

体毛が濃くてしぶとい人は、たっぷりの照射回数があった方があんしんだと思いますよ。

よって、たっぷりの照射回数で家族でシェアをしたい人はケノンを、1人で使う分があれば十分な人はブラウンシルクエキスパートを選ぶと良いでしょう。

比較⑥照射レベルをお肌色にあわせて自動調節するのはケノンよりブラウン

家庭用脱毛器ケノン
ケノン
家庭用脱毛器ブラウンシルクエキスパート
ブラウン
照射レベル10段階10段階
レベルの調節手動
自分の意思で決められる
自動
お肌色に合わせて設定される

照射レベルはケノンとブラウンどちらも10段階ありますが、調節の仕方は違います。

ケノンはお肌の調子や毛の状態に応じて自分でレベルを1つずつ設定できます

脱毛器ケノンの使い方

その一方、ブラウン脱毛器はお肌意を自動識別して、明るい肌色には強いパワー、日焼け~色素沈着したお肌には弱いパワーで照射がされる仕組みです。

ブラウンの自動識別は「肌にやさしい」というメリットがあるものの、「色素沈着した箇所に照射されない」「痛みに弱いけど肌が明るいから強いパワーで照射される」といったデメリットもあります。

はっきり言いますが、自分でレベルを設定できないのはもどかしいですよ。

ブラウンを使った筆者は肌が明るい方(色白と言われるタイプ)ですが、実際には肌が明るい部位にはレベル7あたりで照射がされ、色素沈着した箇所にはなかなか反応しませんでした。

ブラウン脱毛器は最大18jありましが、そのハイパワーを最大限に得られる人はよほどお肌色が明るい人でないとムリだと感じます。

反応しないのは避けたい‥という人は自分でレベルを設定したい人はケノンをおすすめします。

色素沈着した箇所のムダ毛ケアをしたい人は『ケノンで色素沈着したVIOをお手入れする方法』を参考にしてください。

比較⑦寿命が長くじっくりと使えるのはブラウンよりケノン

家庭用脱毛器ケノン
ケノン
家庭用脱毛器ブラウンシルクエキスパート
ブラウン
寿命ほぼ永久
(カートリッジ交換)
使い捨て

寿命が長くじっくりと使い続けられるのはケノンです。

ケノンはもともと付属しているスーパープレミアムカートリッジで最大300万発の照射回数があり、さらにカートリッジ交換式でほぼ永久的に使えます。

脱毛器ケノンを腕に使っている様子

一方、ブラウン脱毛器はカートリッジ交換式ではないため使い切りです。

ブラウンは約40万発の照射回数を全て打ち終わった時点で使えなくなります

さらに追加でお手入れをしたいときは製品ごと買い替えが必要ですので覚えておきましょう。

どのくらい使うかな?と想像してみましょう。

比較⑧ハンディが軽いのはブラウンよりケノン

家庭用脱毛器ケノン
ケノン
家庭用脱毛器ブラウンシルクエキスパート
ブラウン
ハンディの重さ約120g約275g

持ち手部分のハンディが軽いのはケノンです。

ケノンは本体とハンディが別々になっていて本体は約1.6kgありますが、ハンディはその分軽量で約120gしかありません。

重要なパーツは全て本体に内蔵されているため、ケノンのハンディはスマホよりも少し軽いくらいなのです。

一方、ブラウンは製品自体がコンパクトな仕様です。

ハンディに全てのパーツが入っていますが、約275gしかありません。

ブラウンのハンディはケノンよりは約2倍の重さがあるものの、全身のお手入れをしても腕が疲れる心配はありません。

収納しやすいのはブラウンですね。

コンパクトにサッと使いたい人はブラウンシルクエキスパートを、持ち手部分の軽さを重視したい人はケノンを選ぶと良いでしょう。

比較⑨男女ともにvioに使えるのはブラウンよりケノン

家庭用脱毛器ケノン
ケノン
家庭用脱毛器ブラウンシルクエキスパート
ブラウン
vio脱毛
男女ともにvioに使える

女性のみ
(コンパクトヘッド使用)

vio脱毛が男女ともにできるのはケノンです。

ケノンであれば男女ともにvioに使え、ツルツルを目指せます。

ケノンが1台あればハイパワーな仕様によって脱毛サロンに通うことなくvioをケアできますよ。

一方、ブラウンは女性のみvio脱毛ができ、男性はできません。

男性でvio脱毛をしたい人は迷わずケノンを選びましょう。

ただし女性でもvioに使用できるのはコンパクトヘッドという部分用アタッチメントが付属したブラウンシルクエキスパートのみの対応です。

アタッチメントが付属していない旧型のブラウンシルクエキスパートではvioに使用できませんのでご注意ください。

詳しくは『ブラウン脱毛器vioのやり方と注意点』を参考にしてください。

比較⑩美肌ケアとして使えるのはブラウンよりケノン

家庭用脱毛器ケノン
ケノン
家庭用脱毛器ブラウンシルクエキスパート
ブラウン
美顔器〇美肌ケア×

美顔器として使えるのはケノンです。

ケノンでは「美顔スキンケア」という光美容を目的としたカートリッジが発売されています。

ケノン美顔器
ピンク色のカートリッジが美顔スキンケア

ケノンの美顔スキンケアは、ムダ毛ケアとは異なる波長により肌悩みにアプローチ、自宅でフォト美顔を楽しめるものです。

毛の不快感をなくした後にも美顔器として使えるので、ケノンは本当にコスパ良く長期的に使うことができます。

美肌ケアについては『ケノン美顔器の仕組みと使い方7STEP!シミに効果ある?』を参考にしてください。

実際にわたしはケノン美顔器ですっぴんがツヤツヤしてきましたよ。

一方、ブラウン脱毛器はムダ毛ケア専用のため、美肌ケアはできません。

ムダ毛ケアと一緒に美肌ケアもしたい人はケノンをおすすめします。

比較⑪男性の髭に使えるのはブラウンよりケノン

家庭用脱毛器ケノン
ケノン
家庭用脱毛器ブラウンシルクエキスパート
ブラウン
髭脱毛×

男性の髭脱毛ができるのはケノンです。

ブラウンは男性の場合、鎖骨から下(胸・腕・背中・お腹・脚)のみが使用部位になります。

ブラウン取扱説明書では男性の髭使用はNGで「ムラができる」と記載されていますのでご注意ください。

【悲報】ブラウン脱毛器は男性の髭に使えない!ムラができるって本当?

男性はケノン一択!
彼氏や旦那さんと共有で使う人もケノンが良いですよ。

ケノンには男性の剛毛効果的ストロングカートリッジがあります。

ケノンのストロングは通常装備のスーパープレミアムよりも威力が強いです。

男性のヒゲは鼻下やあごなど細かい部位に照射をするので、やりにくさがありますよね。

ケノンのストロングカートリッジなら照射面積が小さいので、細かい部位にもフィットしてキレイに脱毛ができますよ。

青ひげのむさ苦しさを解消できれば、爽やかな印象になれますね。

「本格的にヒゲ脱毛がしたい」「最速で頑固なヒゲをなくしたい」という男性にこそケノンがおすすめです。

詳しくは『ケノン髭脱毛のやり方と注意点』を参考にしてください。

比較⑫子どもに使えるのはブラウンよりケノン

家庭用脱毛器ケノン
ケノン
家庭用脱毛器ブラウンシルクエキスパート
ブラウン
子ども
親の判断による
×

子どもへの使用は基本的にケノンもブラウンも推奨されていません。

ですが、ケノンは親の判断と指導があれば子どもへの使用を認めています。

ネット検索をされますと、ブログやSNS、レビューなどでお子様にご利用され、ご満足いただいている方が多く見受けられますが、ご利用については『親御様の自己責任』となります。

~中略~

低年齢(小学生くらい)の場合は肌が敏感でバリア機能も低い為、保護者の方がしっかりと冷却してあげて、出力も低いレベルから徐々に上げていく事をお勧めします

ケノン公式サイト よくある質問より

くわしい内容は『ケノンの対象年齢は?中学生でも使える?』を参考にしてください。

ブラウンの子どもへの使用は『ブラウン脱毛器は何歳から?18歳未満は使ったらダメ?』でまとめています。

お子さんと一緒に使うならケノンが良さようですね。
ケノンにはお得な学割もあります

ケノンとブラウン脱毛器どっちがいい?【比較まとめ】

ケノンとブラウン脱毛器どっちがいい?比較

ケノンとブラウンの比較結果をまとめます。

  1. 生産国…日本製はケノン
  2. 値段…値段が安いのはケノン
  3. 使用部位…男女ともに全身に使えるのはケノン
  4. 照射スピード…速いのはケノン
  5. 照射回数…たっぷり打てるのはケノン
  6. 光調節…自動設定はブラウン
  7. 寿命…長く使えるのはケノン
  8. ハンディの重さ…軽いのはケノン
  9. vio…男女ともに使えるのはケノン
  10. 美肌ケア…美顔器として使えるのはケノン
  11. 髭脱毛…男性の髭に使えるのはケノン
  12. 子ども…どちらも注意が必要
脱毛器ケノンブラウン脱毛器
値段(税込)69,800円約9万円
出力パワー最大35j*最大18j
使用範囲顔~vioまでほぼ全身
男性も同じ〇
顔~vioまでほぼ全身
男性はヒゲとvioは×
照射回数最大300万発約40万発
照射レベル10段階
自分でレベルを設定
10段階
お肌色自動識別
冷却機能××
連射機能
照射モードカートリッジを付け替えて
美顔器として使える
やさしいモードあり
生産国日本イギリス
*ストロング2使用時において、値段は記事作成時点の情報でまとめています

ハイパワー重視で男女問わず剛毛に早い結果を求めて体毛のコンプレックスを解消したい人はケノンがおすすめです。

一方、お肌色が明るく気軽にサッと使ってやさしさ重視でムダ毛ケアをしたい人はブラウンをおすすめします。

繰り返しますが、男性はブラウンでは使用範囲が限られます。
ケノン一択だと思いますよ。

ケノンとブラウン脱毛器どっちがいいか迷う人は、以下の選び方を参考にしてください。

おすすめの選び方
  • 細い毛~太い毛までハイパワーで結果を求めたい→ケノン
  • ハイパワーよりもやさしさを重視したい→ブラウン
  • 色素沈着した箇所のムダ毛ケアもしたい→ケノン
  • 手軽にサッと使ってムダ毛ケアをしたい→ブラウン
  • お肌に使うモノだからこそ日本製を選びたい→ケノン
  • ヒゲやvioのお手入れがしたい→ケノン
  • 家族や恋人とシェアしてコスパよく使いたい→ケノン
  • 美顔器としても使いたい→ケノン

ケノン公式サイトで詳細を見る≫

ケノンとブラウン脱毛器どっちがいい?メリット・デメリットを比較

ケノンとブラウン脱毛器どっちがいい?比較

ケノンとブラウン脱毛器どっちがいいか、メリット・デメリットをご紹介します。

ケノンのメリット・デメリット

ケノンのメリット
  • 最大35jのハイパワーで剛毛に早い結果を求められる
  • 男女問わず顔~vioまでほぼ全身に対応している
  • 独自のUSPL式で痛みがほぼない
  • 照射ランプや部品が国内製造の日本製
  • 照射スピードが速くサクサクと照射が進む
  • 本体は大きいもののハンディは約120gの超軽量
  • レベルが10段階ありお肌の調子に合わせてレベルを1つずつ決められる
ケノンのデメリット
  • 照射前後に保冷剤でお肌を冷やす必要がある
  • 本体のサイズが大きめ

ブラウンのメリット・デメリット

ブラウンのメリット
  • ハンディ式で手軽にサッと使える
  • デザイン性が高く手になじむ
  • お肌色自動識別で適したパワーで照射される
  • カートリッジ交換の必要がない
  • 女性は顔~vioまでほぼ全身に対応している
  • やさしいモードがある
ブラウンのデメリット
  • 男性はヒゲ、vioに使えない
  • 色素沈着した箇所は照射がされない
  • 値段が高くコスパが悪い
  • 照射回数が少ない

ケノンとブラウンどっちを選ぶ?ケノンがおすすめな人の特徴

ケノン脇脱毛のやり方

ケノンがおすすめな人は次のとおりです。

ケノンがおすすめな人
  • ハイパワー重視で剛毛に早い結果を求めたい人
  • ヒゲやvioを徹底的にお手入れしたい男性
  • お肌に使うモノだからこそ日本製を選びたい人
  • お肌の調子に合わせてレベルを1つずつ設定したい人
  • 色素沈着した箇所のムダ毛ケアもしたい人
  • 美顔器としても使いたい人
  • 体毛のコンプレックスを早く解消したい人

ケノンはハイパワーで剛毛に早い結果を求めたい人におすすめです。

最大35jのパワフルな照射は脱毛サロンに通わなくても、自宅でムダ毛ケアを完結できます。

「カミソリ処理から卒業したい」「来年の夏までにスベスベ肌になりたい」と叶えたいことがある人は、結果重視のケノンを第一候補するのがおすすめです。

また、ケノンは照射ランプや部品まで国内で製造された日本製です。

お肌に使うモノだからこそ日本製の使い心地を選びたい人にも、ケノンはおすすめですよ。

照射回数もたっぷりあるので満足するまで使い倒せますね。

どうしても悩む人は『ケノン購入を悩んでる?買って後悔しないオススメな人の特徴とは?』を参考にしてください。

日本製のパワフル脱毛器

ケノン楽天と公式どっちで買うべき?特典や保証を比較!

ケノンAmazonは本物?公式と何が違う?

ケノンとブラウンどっちを選ぶ?ブラウンがおすすめな人の特徴

ブラウン脱毛器

ブラウン脱毛器は次のような人におすすめです。

ブラウンがおすすめな人
  • ハンディ式で手軽にサッと使いたい人
  • どちらかというとお肌色が明るめな人
  • 顔~vioまでほぼ全身に使いたい女性
  • やさしいモードでデリケートゾーンをお手入れしたい女性
  • ヒゲとvioには使う予定のない男性
  • 自分でレベルを設定することに不安を感じる人
  • 色素沈着した箇所のムダ毛ケアはできなくても構わない人

ブラウン脱毛器はお肌色が明るめで、自動識別によってお肌に適したパワーでムダ毛ケアがしたい人におすすめです。

使用範囲はどちらかというと女性向きですので、男性にはおすすめはしません。

顔~vioまでやさしいモードでお手入れがしたい女性、ハイパワーよりも使いやすさを重視したい人に向いています。

自分でレベルを設定することに戸惑う人にもブラウン脱毛器はおすすめですよ。

ハンディ式なのでとても手軽です。
使いたいときにサッと使えるので3日坊主にもなりにくいですね。

今すぐ使えるお得なクーポン配布

クーポンは予告なく終了する場合があります

まとめ:ケノンとブラウンどっちがいい?違いを比較してみた!

以上ここまでケノンとブラウンの違いを比較しました。

どちらも実力のある製品で知名度もありますが、使用部位や照射回数、光調節など違いがたくさんあります。

あなたに合った方を選び、より快適にムダ毛ケアができるといいですね♪

ムダ毛ケアをすれば、

  • すっぴん肌に自信が持てる
  • 着たい服を思いっきり着られる
  • 人の視線が気にならない
  • 毛の不快感やコンプレックスを解消できる
  • 自己処理の手間や肌ダメージを減らせる
  • 黒いポツポツ毛穴を解消できる
  • すべすべ肌は気持ちが良い!!

など嬉しことがいっぱいです!

家庭用脱毛器ケノン
ケノン
家庭用脱毛器ブラウンシルクエキスパート
ブラウン
生産国日本
(全パーツ日本)
イギリス
値段69,800円99,880円
使用部位顔・vioを含むほぼ全身
男性も使用OK
女性:顔・vioを含むほぼ全身
男性:鎖骨から下のみ(vioは×)
照射スピード約0.4秒~約0.5秒~
照射回数最大300万回
(全身1216回分)
最大40万回
(全身298回分)
光調節手動
(10段階)
自動
(10段階)
連射機能
美顔器○美肌ケア用カートリッジあり×
冷却機能××
寿命永久
(カートリッジ交換)
消耗品
ハンディの重さ120g275g
コードレス有無
VIO脱毛
(女性のみ)
(コンパクトヘッド使用)
顔脱毛
(鼻下からを推奨)

(女性のみ)
(コンパクトヘッド使用)
髭脱毛×
(男性は鎖骨より下のみ)

さあ、あなたもツルすべ肌を目指しましょう♪

本日のお得なセットをCheck

2個目のカートリッジがもらえる?レビュー投稿のやり方

今すぐ使えるクーポンGET!公式ストア

クーポンは予告なく終了する場合があります

タイトルとURLをコピーしました