広告

【比較】JOVSとケノンどっちがいい?両方使って違いを比べてみた

JOVS脱毛器とケノンどっちがいい?徹底比較してみた脱毛器

JOVSとケノンどっちがいいですか?
JOVSとケノンの違いを比較して教えてください。

JOVS脱毛器とケノン、どっちを選べばいいか悩みますよね。

まずはじめに結論をお伝えすると、細い毛や日焼けしたお肌にも効率よくアプローチしたい人は「HIPL」のJOVS脱毛器を、頑固で太い毛に効果を存分に発揮させたい人は「USPL式」のケノンをおすすめします。

JOVS脱毛器とケノンを比較|つるんラボ
JOVS Dora脱毛器
JOVS
家庭用脱毛器ケノン
ケノン
特徴細い毛にも光が届きやすい
3.5℃の冷却機能あり
連射してもパワーを維持
太い毛濃い毛が得意
0.002秒で最大出力に到達
痛みがマイルドでお肌にやさしい
値段(税込)46,980円69,800円
脱毛方式HIPL式USPL式
出力パワー最大15j最大35j
照射回数最大40万回
使い切り
最大300万回
カートリッジ交換
照射スピード最短0.7秒最短0.4秒
使用部位顔・vioを含めたほぼ全身
男性もOK
顔・vioを含めたほぼ全身
男性もOK(購入者の4人に1人が男性)
冷却機能〇ICE技術のフィルター×自分で保冷剤で冷やす
美肌機能◎美顔器として使える
連射機能
使用頻度週に3~5回(毎日も可)週に1回
重さ約256g約120g(ハンディーのみ)
本体こみ約1.6㎏
生産国中国日本
JOVS脱毛器は定番人気の「JOVS Dora」を比較対象にしています

JOVS脱毛器とケノンは少しずつ性能が違ってきますが、どちらも顔・vioを含めたほぼ全身に使えます。

もちろん男性もOKですよ。

JOVS脱毛器がおすすめな人
  • ハンディ式でサッと気軽に使いたい
  • ひとりで使える照射回数があればいい
  • カートリッジ交換は面倒に感じる
  • 細い毛や薄い毛を集中的にケアしたい
  • 日焼けした肌にやさしく使いたい
  • 安い値段重視で中国製でもかまわない
  • 自分で冷やすのは面倒だから冷却機能つきがいい

JOVS公式オンラインストアで限定価格を見る≫

脱毛器ケノンがおすすめな人
  • ヒゲやVIOなど剛毛ケアを集中的にしたい
  • 出力パワー重視で結果にこだわりたい
  • お肌に使うモノだからこそ日本製を選びたい
  • 照射スピードが速くサクサクお手入れがしたい
  • 家族や恋人とシェアをしてコスパよく使いたい
  • ムダ毛ケアだけでなく美顔器としても使いたい
  • お肌の調子に合わせてレベルを細かく設定したい
ケノン最新カートリッジ「ストロング2」

ケノン公式サイトで詳細を見る≫

筆者
筆者

JOVSとケノンはどちらも高性能なんですよね。
両方使った私としては、JOVSよりケノンの方がパワーを強く感じましたよ。

JOVS脱毛器とケノンどっちがいい?【比較表】

JOVS脱毛器とケノンどっちがいい?比較
JOVS Dora脱毛器
JOVS
家庭用脱毛器ケノン
ケノン
値段(税込)46,980円69,800円
脱毛方式HIPL式USPL式
出力パワー最大15j最大35j*
照射回数最大40万回最大300万回
照射スピード最短0.7秒最短0.4秒
冷却機能×
重さ約256g約120g(ハンディー)
本体は約1.6㎏
生産国中国日本
*ストロング2使用時において1照射あたりの総出力

JOVS脱毛器とケノンを脱毛方式の違いから、それぞれのおすすめな人を解説します。

細い毛に早く効果を得たい人は「HIPL式」のJOVS脱毛器がおすすめ

JOVS脱毛器を腕に使っている写真

JOVS脱毛器の「HIPL式」は、連射しても高い出力パワーを維持できる脱毛方式のため、太い毛だけでなくフラッシュを吸収しにくい細い毛にも効果を発揮します。

またフラッシュが分散されやすいと言われている日焼けしたお肌にも、光を届けやすいのも「HIPL式」の特徴です。

JOVS脱毛器は年齢制限がないので、体毛の薄いお子様~しっかり体毛が生えている大人まで幅広く使えますよ。

*乳幼児には使えません

太い毛だけでなく産毛にも対応できるのは嬉しいですよね。
産毛ケアを集中的にしたい人はJOVSがおすすめですよ。

あわせて読みたい≫JOVS Dora脱毛器を実際に使った私の口コミ評判

太い毛を重点的にケアをしたい人は「USPL式」のケノンがおすすめ

一方ケノンは、独自の「USPL式」というハイパワーな脱毛方式により頑固な太い毛に効率よくアプローチできるのが特徴で、購入者の4人に1人が男性です。

「USPL」は照射後0.002秒でフラッシュが最大出力に達するため、従来のIPL式に比べ痛みがマイルドでお肌にやさしいメリットがあります。

そのため敏感肌の人や、脱毛がはじめてで痛みが心配な人にもおすすめと言えるでしょう。

剛毛に悩んでいる人、お肌にやさしく使いたい人はケノンを第一候補におすすめします。

ケノン公式サイトで詳細を見る≫

あわせて読みたい≫ケノンがすごかった!全身に使った私の口コミ

JOVS脱毛器とケノンどっちがいい?7項目で比較してみた

JOVS脱毛器とケノンどっちがいい?比較

JOVS脱毛器とケノンについて、7項目にわけて比較をしました。

JOVS Dora脱毛器
JOVS
家庭用脱毛器ケノン
ケノン
値段・生産国46,980円
中国
69,800円
日本
脱毛方式HIPL式USPL式
出力パワー最大15j最大35j
照射回数最大40万回最大300万回
照射スピード最短0.7秒最短0.4秒
冷却機能×
使いやすさハンディータイプ
約256g
毎日使える
本体大きめ
ハンディーは約120g
1週間に1回の照射頻度
JOVS脱毛器は定番人気の「JOVS Dora」を比較対象にしています

違いをひとつずつご紹介します。

JOVSとケノンの比較①値段・生産国の違い

JOVS Dora脱毛器
JOVS
家庭用脱毛器ケノン
ケノン
値段(税込)46,980円69,800円
生産国中国日本

値段が安いのはJOVS脱毛器です。JOVS脱毛器は中国製ですので、生産コストを抑えているのかもしれません。

JOVS脱毛器については、JOVS脱毛器はどこの国?最安値はどこの販売店で売ってる?で詳しくご紹介しています。

一方、ケノンはJOVS脱毛器に比べると約2万円も高いのですが、ケノンは日本の工場で作られており、安心安全のメイドインジャパンが特徴です。

脱毛器に欠かせない照射ランプはコンタクトレンズで有名な「HOYA」との共同開発により、有害な光は一切出ません。

ケノン照射

日本製は値段が高くなってしまいますが、安全への評価もその分高いですよね。

値段重視の人はJOVS脱毛器を、安心感を重視したい人はケノンを選ぶといいでしょう。

JOVSとケノンの比較②脱毛方式の違い

JOVS Dora脱毛器
JOVS
家庭用脱毛器ケノン
ケノン
脱毛方式HIPL式USPL式

JOVS脱毛器とケノンはそれぞれフラッシュ式を採用していますが、種類は異なります。

JOVS脱毛器は「HIPL式」という、従来のIPL式のデメリットをカバーできる最先端の脱毛方式です。

JOVS脱毛器は連続ショットを打ってもパワーが落ちにくい「HIPL式」により、お肌内部にフラッシュが届きやすくなっています。

JOVS Dora脱毛器を使ってみた私の口コミ

そのため従来のIPL式では不得意とされていた細い毛にも効果を発揮することができるのです。

HIPLUSPLIPL
細い毛
太い毛
美肌
やさしさ
日焼け

一方、ケノンは独自技術の「USPL」により、照射から0.002秒の速さで最大出力に達します。

「USPL式」はIPL式と同じように、黒いメラニン色素に反応するフラッシュですが、その違いはお肌へのやさしさです。

ケノンの「USPL式」は超極短の発光により、お肌への熱負担を極限までおさえているので、敏感肌にも低刺激でやさしく使えるメリットがありますよ。

脱毛器ケノンと腕の写真

どちらも技術はハナマルですね。

太い毛だけでなく細い毛にもしっかり効果を得たい人はJOVS脱毛器を、お肌へのやさしさを重視して太い毛を脱毛したい人はケノンを選ぶといいでしょう。

JOVSとケノンの比較③出力パワーの違い

JOVS Dora脱毛器
JOVS

家庭用脱毛器ケノン
ケノン
出力パワー最大15j最大35j

出力パワーが強いのはケノンです。

ケノンは2024年1月に新発売された「ストロング2カートリッジ」において、最大35jの威力があります。

1照射あたりの総出力が35jあるケノンは、フラッシュ式脱毛器の中でも圧倒的にパワフルなのです。

一方で、JOVS脱毛器にかんしても最大15jのパワーがありますが、ケノンに比べるとやや控えめな印象を受けます。

剛毛ケアをよりよく体感したい人は、ケノンがおすすめですよ。

ケノン公式サイトで「ストロング2」を見る≫

ケノンのレベル

さらにケノンはコンデンサというパワーに直結する心臓部が本体に4つ装備されています。

このコンデンサはJOVS脱毛器のようなハンディータイプには通常1個しかありません。

そのためケノンは多量のコンデンサを持つため、ハンディータイプの脱毛器に比べパワーが高いとされています。

口コミを見ても、ケノンのパワーは強いのがうかがえます。
何より剛毛に悩む男性からの支持も厚く、購入者の4人に1人が男性です。

どちらを選んでもパワーはあると言えますが、どちらかというと、コンデンサ数が多いケノンの方が有利と言えるでしょう。

ケノン公式サイトで詳細を見る≫

JOVSとケノンの比較④照射回数の違い

JOVS Dora脱毛器
JOVS
家庭用脱毛器ケノン
ケノン
照射回数最大40万回最大300万回
カートリッジ×

照射回数が多いのはケノンです。

ケノンはカートリッジ交換式ですが、買った当初についてくる付属のカートリッジには、すでに最大300万回の照射が備わっています。

この300万回の照射回数は、全身脱毛に例えるとなんと約1200回分…!

ひとりでは到底使い切れない回数なので、カップルや夫婦、お子様など家族全員で使えるコスパの良さと言えるでしょう。

ケノン美顔器でシミ取り、使い方の写真

ケノンなら「いつ打てなくなるんだろう」という心配をせずに満足するまでバンバン打てますね。

一方、JOVS脱毛器は最大40万回の照射回数があります。

ひとりで使うには十分な回数ではありますが、複数人で使うとなると、ちょっと少ないです。

JOVS脱毛器(jovs Dora)の口コミ使い方

JOVS脱毛器はカートリッジ交換式ではないため、追加費用がかからないメリットがありますが、照射回数を全て打ち終わった時点で使えなくなるデメリットもあるでしょう。

よって、ひとりで使う分があればいい人はJOVS脱毛器を、照射回数が多い方があんしんする・家族でシェアしたい人はケノンを選ぶといいでしょう。

JOVSとケノンの比較⑤照射スピードの違い

JOVS Dora脱毛器
JOVS
家庭用脱毛器ケノン
ケノン
照射スピード最短0.7秒最短0.4秒
連射機能

照射スピードが速いのはケノンです。ケノンは最短0.4秒という高速照射により、広範囲もスピーディにケアできます。

忙しい日々の中でも5分もあれば複数の部位を照射し終えることができるでしょう。

一方、JOVS脱毛器は最短0.7秒と、ケノンの約2倍かかってしまいます。

0.7秒でも十分に速いのですが、よりスピード感を重視するならケノンの方が有利でしょう。

ちなみに照射レベルを上げれば上げるほど、照射スピードは遅くなります。
そいった面も考慮すると、できるだけ速く打てるほうがいいでしょう。

JOVSとケノンの比較⑥冷却機能の違い

JOVS Dora脱毛器
JOVS
家庭用脱毛器ケノン
ケノン
冷却機能×

冷却機能があるのはJOVS脱毛器です。

JOVS脱毛器は照射時は常に3.5℃の冷却モードが作動するため、いちいち自分で冷やす作業がいりません。

なにもしなくても勝手にお肌を冷やしてくれますので、「冷却は面倒」「痛みが心配」という人はJOVS脱毛器がおすすめですよ。

保冷剤での冷却が基本的にいらないので、バンバン打ちやすいですよね。

一方、ケノンには冷却機能はありません。付属の保冷剤で自分で冷やす作業が必要になります。

冷やすのは面倒なのですが、お肌の調子を確かめるいいタイミングになるのも事実。

自分で冷やすことに抵抗のない人はケノンでも十分におすすめですよ。

あなたの好みに合わせて選んでみましょう。

JOVSとケノンの比較⑦使いやすさの違い

JOVS Dora脱毛器
JOVS
家庭用脱毛器ケノン
ケノン
重さ約256g約120g(ハンディ)
約1.6㎏(全体)
大きさ57×160×57㎜215×290×90㎜
使用頻度毎日使用OK1週間に1回

使いやすさはハンディータイプのJOVS脱毛器の方が有利です。

スマホより少し大きいくらいのサイズなので、かんたんに持てますし、帰省や出張先でも手軽に持っていけます。

収納にも困りませんね。

JOVS脱毛器とケノンを比較

一方ケノンは、本体とハンディーがコードでつながったタイプです。

本体はやや大きめで重たいのですが、ハンディーは超軽量設計。約120gと、JOVS脱毛器に比べ約半分の軽さです。

ハンディーは軽いので腕が疲れる心配もありませんよ。
ケノンは持ち運びをする人でなければ困ることはないでしょう。

使用頻度については、JOVS脱毛器は毎日使えます

毛周期に関係なくバンバン打てるので、好きなタイミングでケアできる便利さがあるでしょう。

一方ケノンは毛周期に効率よくアプローチするため、1週間に1回の照射が推奨されています。

同じ部位でなければ、JOVS脱毛器のように週に何回でも使っても大丈夫ですよ。

どちらを使うにしても、コツコツと続けていくことが大切ですね。

どっちがいい?JOVS脱毛器とケノンの比較【まとめ】

ここまでJOVS脱毛器とケノンを7項目で比較をしました。おさらいをしましょう。

JOVS Dora脱毛器
JOVS
家庭用脱毛器ケノン
ケノン
値段・生産国46,980円
中国
69,800円
日本
脱毛方式HIPL式USPL式
出力パワー最大15j公表なし
照射回数最大40万回最大300万回
照射スピード最短0.7秒最短0.4秒
冷却機能×
使いやすさハンディータイプ
約256g
毎日頻度OK
本体大きめ
ハンディーは約120g
1週間に1回の照射頻度
詳細を見る>JOVS公式ショップ>ケノン公式サイト
JOVS脱毛器は定番人気の「JOVS Dora」を比較対象にしています

あなたが求める使いやすさはどちらでしたか?

手軽にサッと使ってムダ毛ケアをしたい人はJOVS脱毛器を、ハイパワー重視で剛毛ケアに早い結果を求めたい人はケノンがおすすめです。

その他にも、自分で冷やすのは面倒という人はJOVS脱毛器、全身たっぷりとお手入れをして家族ともシェアをしたい人はケノンというように選ぶといいでしょう。

JOVS脱毛器とケノン選び方
  • 日本製にはこだわりがなく値段の安さを重視→JOVS
  • お肌に使うモノだからこそ日本製を選びたい→ケノン
  • 自分で冷やすのは面倒→JOVS
  • 家族や恋人とシェアをしたい→ケノン
  • 出力パワー重視で剛毛ケアに結果を求めたい→ケノン
  • どちらかというと産毛ケアを集中的にしたい→JOVS
  • 全身たっぷりと使える照射回数があった方がいい→ケノン
  • しぶといヒゲやVIOを徹底的にケアしたい→ケノン

>JOVS公式ショップ(楽天)/jovs-ジョブス公式ストア

>ケノン公式サイト

JOVS脱毛器とケノンのメリット・デメリットを比較

JOVS脱毛器とケノンでは、脱毛方式や照射回数など、いくつか違うことろがありました。

違いを踏まえてメリット・デメリットを比べてみましょう。

JOVS Dora脱毛器
JOVS
家庭用脱毛器ケノン
ケノン
メリット〇HILP式で細い毛にも光が届きやすい
〇日焼けしたお肌にも光が届きやすい
〇冷却機能ありで自分で冷やす手間がない
〇3.5℃のクールダウンで痛みを緩和できる
〇コンパクトで収納に困らない
〇軽くて持ちやすい
〇ハンディータイプに比べパワフル
〇USPL式でお肌にやさしく痛みが少ない
〇購入者の4人に1人が男性なほど強パワー
〇ハンディーは約120gと超軽量設計
〇照射回数が多く家族でシェアできる
〇日本製のあんしん感がある
〇本格的な美顔器としても使える
デメリット×照射回数が少なめ
×使い切り
×日本製ではない
×本体が大きい
×値段が高い
×冷却機能がない

JOVS脱毛器のメリット・デメリット

JOVS脱毛器のメリットはこちらです。

  • 従来では不得意だった細い毛にもアプローチできる
  • 日焼けしたお肌でもフラッシュが届きやすい
  • 冷却機能ありで自分で冷やす手間がない
  • 3.5℃のクールダウンで痛みを緩和できる
  • コンパクトで収納に困らない
  • 軽くて持ちやすい

続いてJOVS脱毛器のデメリットはこちらです。

  • 照射回数が約40万回とやや少ない
  • カートリッジ交換式ではないため、使い切り
  • 日本製ではない(中国製)

>JOVS公式ショップ(楽天)/jovs-ジョブス公式ストア

ケノン脱毛器のメリット・デメリット

ケノンのメリットを見ていきましょう。

  • ハンディータイプに比べコンデンサ数が多い(パワフル)
  • 独自の「USPL式」によりお肌にやさしい
  • 購入者の4人に1人が男性なほどパワーが強い
  • ハンディーは約120gと超軽量設計
  • 照射スピードが最短0.4秒とスピーディ
  • 照射回数が最大300万回もあり、恋人や家族でシェアできる
  • 日本製のあんしん感がある
  • サロンのような美顔器として使える

続けてケノンのデメリットを見てみましょう。

  • 本体が大きい(横幅はPCくらい)
  • 値段が高い
  • 冷却機能がない

>ケノン公式サイト

JOVS脱毛器とケノンどっちがいい?それぞれのおすすめな人

「どっちを選べばいいか迷う」という人に向けて、JOVS脱毛器とケノンのおすすめな人を具体的にご紹介します。

自分に当てはまるかどうか、チェックしてみましょう。

JOVS脱毛器がおすすめな人

JOVS Dora脱毛器

JOVS脱毛器は次のような人におすすめです。

  • 値段をおさえてコスパよくムダ毛ケアがしたい人
  • 細い毛にも効率よくアプローチして全身すべすべになりたい人
  • ひとりで使う分の照射回数があれば十分な人
  • ハンディータイプで手軽に使いたい人
  • 日本製にはこだわらない人

JOVS脱毛器は、ひとりで使う人で全身のムダ毛をコスパよく脱毛したい人におすすめです。

値段がケノンより約2万円も安いので、脱毛が初めての人でも手に取りやすい印象があります。

また比較的新しいHIPL式により、太い毛だけでなく細い毛にもフラッシュが届きやすく、全身のムダ毛ケアに向いているでしょう。

冷却機能があるので、自分で冷やす手間がないのも嬉しいですよね。
ズボラさんでもコツコツと続けやすいですよ。

>JOVS公式ショップ(楽天)/jovs-ジョブス公式ストア

ケノン脱毛器がおすすめな人

ケノン脱毛器

ケノンは次のような人におすすめです。

  • お肌への刺激をおさえて、太い毛をよく脱毛したい人
  • 出力パワー重視で剛毛に早い結果を求めたい人
  • 照射回数が多く、家族や恋人とシェアしたい人
  • レビュー数が多く、販売実績のある製品を買いたい人
  • お肌に使うものだからこそ日本製にこだわりたい人
  • 本体の大きさは重視しない人

ケノンはパワー重視で頑固な太い毛に早く効果を期待したい人におすすめです。

ケノンは発売から10年以上経過し、繰り返しリニューアルしてきました。

家庭用脱毛器としてのノウハウがたっぷりと詰まったケノンは、レビュー数が他社を寄せ付けないほど多く、それだけ多くの人から支持されているということでしょう。

購入者の4人1人が男性なのも、剛毛への期待が高いからと言えます。

ハンディータイプではできないコンデンサ数を4つも搭載し、強パワーを生み出しながらも、独自のUSPL式によりお肌への刺激は最小におさえていますよ。

頑固な毛を本格的にケアをしたい人はケノンを選べば間違いないでしょう。

本日のセット詳細はこちら>ケノン公式サイト

JOVS脱毛器とケノンの比較・どっちがいい?について、よくある質問と回答

JOVS脱毛器とケノンについて、事前に知っておきたい内容をQ&A形式でまとめました。

Q:VIOに使えるのは、JOVS脱毛器とケノンどっちですか?

A:VIOへは、JOVS脱毛器とケノンどちらも使えます。

Q:サングラスが必要なのは、JOVS脱毛器とケノンどっちですか?

A:サングラスは、JOVS脱毛器とケノンどちらも必要です。それぞれセット内容に付属します。

Q:痛みが少ないのは、JOVS脱毛器とケノンどっちですか?

A:JOVS脱毛器は冷却機能ありで痛みを緩和できます。ケノンは独自のUSPL式により痛みや熱を最小限に抑えています。

自分で冷やすのが面倒に感じる人はJOVS脱毛器を、お肌の調子を確認しながら自分で冷やしたい人はケノンを選ぶといいでしょう。

Q:毎日使えるのはJOVS脱毛器とケノンどっちですか?

A:毎日使えるのはJOVS脱毛器です。ケノンは週に1回の使用になります。
あわせて読みたい≫JOVS脱毛器は毎日使える?実際に使った私が徹底解説

Q:顔の産毛に使えるのはJOVS脱毛器とケノンどっちですか?

A:顔の産毛はJOVS脱毛器とケノンどちらも使えます。JOVS脱毛器は顔専用モードがあり産毛ケアに効果的に使え、ケノンは10段階のレベル設定で高いレベルを使うことで産毛にも効果を発揮できます。詳しくは『JOVS脱毛器は顔の産毛やシミに使える?やり方と注意点』『ケノンで顔の産毛脱毛をするやり方と注意点』を参考にしてください。

Q:VIOに使えるのはJOVS脱毛器とケノンどっちですか?

A:VIOはJOVS脱毛器とケノンどちらも使えます。JOVS脱毛器はデリケートゾーンモードがあり効果的にお手入れできます。またケノンもハイパワーな照射により剛毛なアンダーヘア―に効果を発揮します。詳しくは『JOVS脱毛器vioのやり方と注意点』『ケノンでvioをつるつるにするやり方と注意点』を参考にしてください。

Q:男性のヒゲに使えるのはJOVS脱毛器とケノンどっちですか?

A:男性のヒゲにはJOVS脱毛器とケノンどちらも使えます。男性のヒゲは他の部位の体毛とは異なり1本1本が太くてしぶといため、高い出力パワーでのお手入れが大切です。効果を早く求めるならハイパワーのケノンを選ぶといいでしょう。詳しくは『ケノン髭脱毛の効果的なやり方と注意点』を参考にしてください。

公式限定キャンペーン価格>JOVS公式ショップ

本日のお得なセット詳細>ケノン公式サイト

まとめ:【比較】JOVS脱毛器とケノンどっちがいい?両方使って違いを比べてみた!

以上ここまでJOVS脱毛器とケノンについて、違いを比較しました。

JOVS脱毛器とケノンはどちらも性能が高い脱毛器ではありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

あなたのニーズやライフスタイルに合うものを選んで、快適にムダ毛ケアを始めてみてくださいね。

公式限定キャンペーン価格>JOVS公式ショップ

本日のお得なセット詳細>ケノン公式サイト

⇧メリット・デメリットの比較に戻る

\あわせて読みたい/

タイトルとURLをコピーしました