広告

スカルプリフトと電気バリブラシの違いを比較!どっちがおすすめ?

スカルプリフトと電気バリブラシの違いを比較!どっちがおすすめ?美顔器

スカルプリフトと電気バリブラシはどっちがいい?
スカルプリフトと電気バリブラシの違いを比較して教えて。

この記事では、ヤーマン「スカルプリフト」とエレクトロン「電気バリブラシ」の違いを比較してご紹介します。

スカルプリフトと電気バリブラシはどちらも、頭皮のもみほぐしや顔のリフトケアとして使えますが、使える部位や刺激の性質は異なります。

スカルプリフトとデンキバリブラシの違いを比較

スカルプリフト
アクティブプラス

デンキバリブラシ
2.0+BODY
メーカーヤーマンエレクトロン
値段(税込)59,400円217,800円
ランニングコスト×専用ローション
200㎖ 6,380円
使用部位頭皮・顔・首・肩頭皮・顔・からだ全体
アタッチメントフェイス用
スカルプ用
フェイス用
ボディ用
刺激の種類EMS
LED(赤)
マイクロカント
バイブレーション
低周波
LED(赤と青)
ピンの数フェイス:22本
スカルプ:12本
フェイス:32本
ボディ:48本
レベル調整6段階5段階
防水加工×
充電時間約180分約150分
使用時間約30分約300分
重さ約123gフェイスのとき約197g
ボディのとき約278g

スカルプリフトはお手頃な価格が魅力で、頭皮・顔・デコルテなど顔まわり専用の美顔器です。

EMSの電気刺激により普段動かさない筋肉に徹底アプローチ。頭皮のスッキリ感や顔のもたつきを解消して上向きな表情へと導きます。

あわせて読みたい≫【使ってみた】スカルプリフトアクティブプラスの体験レビュー

一方、電気バリブラシは約20万円もする女優さん御用達の美顔器で、頭皮や顔だけでなく、からだ全体にも使えます

EMSではなく低周波を利用し、全身をときほぐすようマッサージのようにじんわりとアプローチ。おうちにいながら至福のエステ気分を体感できます。

あわせて読みたい≫デンキバリブラシを1か月毎日使ってみた体験レポ

筆者
筆者

どちらも「即実感できる」と高評価の美顔器ですが、個人的には値段がお手頃でお風呂でも使えるスカルプリフトの方を気に入って使っていますよ。

\こんな人におすすめです/

  • スカルプリフトがおすすめな人…手軽に使いたい、お風呂で使いたい、頭皮や顔まわりに重点的に使いたい、コスパよく使いたい、旅行先に持って行きたい
  • 電気バリブラシがおすすめな人…からだにも使いたい、お部屋で使いたい、女優さんレベルを目指したい、自分へのご褒美に奮発したい

「スカルプリフトと電気バリブラシどっちがいい?」「買って後悔しない?」と悩む人は、ぜひ最後までご覧ください。

電気バリブラシをお得におためし

出典:エアクロモール

ELECTRON公認レンタルサイト「エアクロモール」では、電気バリブラシ2.0を1ヶ月18,900円(税抜)でレンタルできます!

✔約20万円以上する商品を買うのは勇気がいる
✔買って後悔したくない
✔お試ししてから買うか決めたい

という人は、気軽にレンタルしてみましょう▶エアクロモール

ELECTRON公式はこちら▶デンキバリブラシ公式通販サイト

  1. スカルプリフトと電気バリブラシの違いを比較!どっちがいい?
    1. ヤーマン「スカルプリフト」は気軽にリフトケアをしたい人におすすめ!
    2. エレクトロン「電気バリブラシ」は全身をエステ級にときほぐしたい人におすすめ!
  2. スカルプリフトと電気バリブラシどっちがいい?【違いを比較】
    1. スカルプリフトと電気バリブラシの違い①値段(ランニングコスト)を比較
    2. スカルプリフトと電気バリブラシの違い②使用部位を比較
    3. スカルプリフトと電気バリブラシの違い③刺激(EMSと低周波)を比較
    4. スカルプリフトと電気バリブラシの違い④ピンの数を比較
    5. スカルプリフトと電気バリブラシの違い⑤防水機能を比較
    6. スカルプリフトと電気バリブラシの違い⑥充電と使用時間を比較
    7. スカルプリフトと電気バリブラシの違い⑦重さを比較
  3. スカルプリフトと電気バリブラシのメリット・デメリットを比較
    1. ヤーマン スカルプリフトのメリット・デメリット
    2. エレクトロン 電気バリブラシのメリット・デメリット
  4. スカルプリフトと電気バリブラシの違いを比較した結果、おすすめな人
    1. ヤーマン スカルプリフトがおすすめな人
    2. エレクトロン 電気バリブラシがおすすめな人
  5. スカルプリフトと電気バリブラシの違いを比較について、よくある質問と回答
  6. まとめ:スカルプリフトと電気バリブラシの違いを比較!どっちがおすすめ?

スカルプリフトと電気バリブラシの違いを比較!どっちがいい?


スカルプリフト
アクティブプラス

デンキバリブラシ
2.0+BODY
値段(税込)59,400円217,800円
ランニングコスト×専用ローション
200㎖ 6,380円
使用部位頭皮・顔・首・肩頭皮・顔・からだ
アタッチメントフェイス用
スカルプ用
フェイス用
ボディ用
刺激の種類EMS
LED(赤)
マイクロカント
バイブレーション
低周波
LED(赤+青)
ピンの数フェイス:22本
スカルプ:12本
フェイス:32本
ボディ:48本
レベル調整6段階5段階
充電時間約180分約90分
使用時間約30分約300分
重さ約123gフェイスのとき約197g
ボディのとき約278g

スカルプリフトと電気バリブラシはどちらもピンのついたブラシ型で、コリやもたつきがちな部位にアプローチをしてくれます。

スカルプリフトはEMS刺激により顔まわりを手軽にスッキリさせたい人、電気バリブラシは低周波により全身をエステ級にときほぐしたい人におすすめです。

さっそくそれぞれのおすすめな人をご紹介しますね。

ヤーマン「スカルプリフト」は気軽にリフトケアをしたい人におすすめ!

【口コミ】ミーゼスカルプリフトは効果ない?30代主婦が実際に使ってみた!

ヤーマン(myse)のスカルプリフトは、気軽にリフトケアをしたい人におすすめです。

EMS刺激により頭皮のコリやもたつきがちな顔をスッキリとした印象に導きます。

防水加工がしてあるのでお風呂でも使えるにがメリットで、その日の気分によって使う場所を選べます。

値段も比較的手に届きやすい。そしてコンパクトな仕様なので持ち運びにも便利で、帰省先や旅行先などに持って行けます。

いつだって顔のコンディションは整えたいですよね。
スカルプリフトは私も持っていますが、旅行先に持って行けるので本当に重宝しているんです。

スカルプリフトは「気軽におうち美容を楽しみたい」「顔まわりの印象を明るく上向きにしたい」という人におすすめですよ。

エレクトロン「電気バリブラシ」は全身をエステ級にときほぐしたい人におすすめ!

ELECTRONの電気バリブラシは、全身をときほぐしたい人におすすめです。

頭皮や顔だけでなくからだ全体に使えるのがメリットで、低周波を利用し健やかな美しさへと導きます。

防水加工はされていませんのでお部屋限定での使用ですが、自分へのご褒美タイムとして使うにはピッタリ。

女優さんも御用達の電気バリブラシなら、自分史上最高のイキイキとしたワタシを目指せるに違いありません。

お値段はお高いので、まずはレンタルから始めてみるのがおすすめですよ。

電気バリブラシをお得におためし

出典:エアクロモール

ELECTRON公認レンタルサイト「エアクロモール」では、電気バリブラシ2.0を1ヶ月18,900円(税抜)でレンタルできます!

✔約20万円以上する商品を買うのは勇気がいる
✔買って後悔したくない
✔お試ししてから買うか決めたい

という人は、気軽にレンタルしてみましょう▶エアクロモール

ELECTRON公式はこちら▶デンキバリブラシ公式通販サイト

スカルプリフトと電気バリブラシどっちがいい?【違いを比較】

スカルプリフトとデンキバリブラシの違いを比較

スカルプリフトと電気バリブラシの違いを7項目にわけて比較しました。


スカルプリフト
アクティブプラス

デンキバリブラシ
2.0+BODY
値段
ランニングコスト
59,400円217,800円
専用ローション6,380円
使用部位頭皮・顔・首・肩頭皮・顔・からだ
刺激の種類EMS
LED(赤)
マイクロカント
バイブレーション
低周波
LED(赤+青)
ピンの数フェイス:22本
スカルプ:12本
フェイス:32本
ボディ:48本
防水加工×
充電/使用時間約180分でフル充電
約30分使用可
約90分でフル充電
約300分使用可
重さ約123gフェイスのとき約197g
ボディのとき約278g

7項目をひとつずつ解説しますね。

スカルプリフトと電気バリブラシの違い①値段(ランニングコスト)を比較


スカルプリフト
アクティブプラス

デンキバリブラシ
2.0+BODY
値段(税込)59,400円217,800円
ランニングコスト専用ローション
200㎖ 6,380円
記事作成時点の情報です

値段が安く、ランニングコストがかからないのはスカルプリフトです。

スカルプリフトアクティブプラスの値段は59,400円。手持ちの化粧水やジェルを使えるので、追加費用はかかりません。

一方、電気バリブラシは約20万円もするうえ、専用ローション(200㎖ 6,380円)が必要になり、ランニングコストがかかります。

Q.手持ちの化粧水や乳液などと併用してもいいですか?
A. いいえ。デンキバリブラシと併用可能なアイテムは”デンキバリブラシ ローション”のみです。お手持ちの化粧品はデンキバリブラシ使用後にお使いください。

ELECTRON公式サイトより引用

デンキバリブラシの専用ローションは電気刺激を効率よく伝えるために必要なアイテムです。

デンキバリブラシローションをお手持ちの化粧水で代用はできませんので注意をしてくださいね。

コスパよく使いたい人にはスカルプリフトの方が良さそうですね。

スカルプリフトと電気バリブラシの違い②使用部位を比較


スカルプリフト
アクティブプラス

デンキバリブラシ
2.0+BODY
使用部位頭皮・顔・首・肩頭皮・顔・からだ

使用部位が多いのは電気バリブラシです。電気バリブラシは頭皮や顔だけでなく全身に使えます。

コリやむくみがちな部位にまんべんなく使えるので、エステいらずで全身の健やかな美を追究できます。

一方スカルプリフトは顔まわりに特化した美顔器。

頭皮~デコルテまでが使用範囲になりますので、覚えておきましょう。

あなたはどの部位に重点的に使いたいですか?

スカルプリフトと電気バリブラシの違い③刺激(EMSと低周波)を比較


スカルプリフト
アクティブプラス

デンキバリブラシ
2.0+BODY
刺激の種類EMS
LED(赤)
マイクロカント
バイブレーション
低周波
LED(赤と青)

刺激の種類が多種多様なのはスカルプリフトです。

スカルプリフト普段あまり動かすことのない筋肉をEMSにより刺激して、顔のもたつきや頭皮のコリをスッキリとさせます。

皮膚表面にアプローチできるマイクロカントや深層筋まで届くEMSを組み合わせているのが特徴です。

筋肉を強く動かす低周波EMSと 更に深くまで届く中周波EMSを組み合わせて より深い筋肉まで動かすことが可能です。

出典:ヤーマン myse公式サイト

一方、電気バリブラシは低周波の低い電圧刺激によって筋肉に働きかけ、マッサージのようにアプローチをします。

じんわりと癒やすように、全身をときほぐすのが得意です。

低周波で手技では届きにくい皮膚直下に繊細な刺激を与え、身体全体を整えます。

出典:ELECTRON公式サイト

どちらも専門性が高い美顔器ですね。

スカルプリフトと電気バリブラシの違い④ピンの数を比較


スカルプリフト
アクティブプラス

デンキバリブラシ
2.0+BODY
ピンの数フェイス:22本
スカルプ:12本
フェイス:32本
ボディ:48本

ピンの数が多いのは電気バリブラシです。

スカルプリフトアクティブプラスに比べ、2倍くらい多いピンを使っています。

ピンが多い分、お肌に触れる面積も広いので、やはり全身向きというイメージです。

一方、スカルプリフトは頭皮や顔まわりを重点的にケアできる感じでしょう。

どちらもお肌にやさしく触れるようやわらかいピンを使っていますが、電気バリブラシの方がやや硬めのようですよ。

スカルプリフトと電気バリブラシの違い⑤防水機能を比較


スカルプリフト
アクティブプラス

デンキバリブラシ
2.0+BODY
防水機能×

防水なのはスカルプリフトです。

スカルプリフトはIPX5レベルの防水加工がしてあり、あらゆる方向からの噴流水に耐えられます。

シャワー中に使ってもいいですし、湯船にゆっくりと浸かりながら優雅にリフトケアを楽しむこともできますよ。

(水没させることはできません)

一方、電気バリブラシは防水加工がされていないので、お部屋限定での使用となります。

あなたはどんなシチュエーションで使いたいですか?

スカルプリフトと電気バリブラシの違い⑥充電と使用時間を比較


スカルプリフト
アクティブプラス

デンキバリブラシ
2.0+BODY
充電時間約180分約150分
使用時間約30分約300分
1回の使用時間1回1部位10分1回1部位20分
顔は5分が目安

短い充電時間で長く使えるのは、電気バリブラシです。

電気バリブラシは約150分でフル充電ができ、その後は約300分も使えます。

一方スカルプリフトはフル充電に約180分かかり、その後の使用時間は約30分です。

電気バリブラシに比べると、こまめな充電が必要になります。

こまめな充電はちょっと面倒なのですが、収納スタンドに戻せば充電ができますよ。

スカルプリフトと電気バリブラシの違い⑦重さを比較


スカルプリフト
アクティブプラス

デンキバリブラシ
2.0+BODY
重さ約123gフェイスのとき約197g
ボディのとき約278g

どちらも軽量設計ですが、より軽いのはスカルプリフトです。

スカルプリフトアクティブプラスは約123g、コンパクトな仕様なので旅行先にも気軽に持って行けますよ。

一方、電気バリブラシはスカルプリフトに比べるとやや重量感がありますが、使って困る重たさではありません。

おうちでじっくり使うなら電気ブラシ、持ち運びしたい人はスカルプリフトがおすすめですよ。

以上7項目の違いを比較してご紹介しました。おさらいをしましょう。

スカルプリフトはEMS刺激により顔まわりを手軽にスッキリさせたい人、電気バリブラシは低周波により全身をエステ級にときほぐしたい人におすすめです。

電気バリブラシをお得におためし

出典:エアクロモール

ELECTRON公認レンタルサイト「エアクロモール」では、電気バリブラシ2.0を1ヶ月18,900円(税抜)でレンタルできます!

✔約20万円以上する商品を買うのは勇気がいる
✔買って後悔したくない
✔お試ししてから買うか決めたい

という人は、気軽にレンタルしてみましょう▶エアクロモール

ELECTRON公式はこちら▶デンキバリブラシ公式通販サイト

スカルプリフトと電気バリブラシのメリット・デメリットを比較


スカルプリフト
アクティブプラス

デンキバリブラシ
2.0+BODY
メリット値段が安い
ランニングコストがない
コンパクトで軽量
防水加工あり
多種多様な刺激
からだに使える
ピンの数が多い
充電時間が短い
デメリット充電時間が長い
からだには使えない
値段が高い
ランニングコストあり
防水加工なし
やや重ため

ヤーマン スカルプリフトのメリット・デメリット

ヤーマン(myse)スカルプリフトのメリットはこちらです。

  • 電気バリブラシより値段が安い(4分の1くらい)
  • ランニングコストがかからない
  • お風呂で使える
  • コンパクトで軽い
  • EMS刺激により頭皮のコリや顔ももたつきをケアできる
  • 旅行にも気軽に持って行きやすい

続いてデメリットはこちらです。

  • フル充電に約3時間かかる
  • からだには使えない

エレクトロン 電気バリブラシのメリット・デメリット

ELECTRONデンキバリブラシ2.0+BODYのメリットはこちらです。

  • 頭皮や顔だけでなくからだにも使える
  • ピンの数が多く一気に広範囲をケアできる
  • フル充電が約150分で完了する
  • 高級感のあるスタイリッシュなデザイン
  • エステに通わずに全身のときほぐしが叶う

続いてデメリットはこちらです。

  • 値段が高い
  • 専用ローションが必要(ランニングコストがかかる)
  • 防水加工はされていない
  • アタッチメントをつけるとやや重ため

ELECTRON公式はこちら▶デンキバリブラシ公式通販サイト

スカルプリフトと電気バリブラシの違いを比較した結果、おすすめな人

スカルプリフトとデンキバリブラシの違いを比較

スカルプリフトと電気バリブラシの、おすすめな人をご紹介します。

どちらがあなたに合っているのか、じっくりとご覧くださいね。

ヤーマン スカルプリフトがおすすめな人

【口コミ】ミーゼスカルプリフトは効果ない?30代主婦が実際に使ってみた!
  • 値段が安いほうがいい人
  • ランニングコストをかけたいくない人
  • 頭皮や顔まわりを重点的にケアしたい人
  • 気軽に使えて旅行先にも持って行きたい人
  • お風呂でも使えた方がいい人
  • コンパクトで軽い方がいい人

ヤーマン(myse)のスカルプリフトは、気軽に頭皮のコリや顔のもたつきを解消したい人におすすめです。

お手持ちの化粧水やジェルと一緒に使えるのでランニングコストはかからず経済的。

おうち美容をはじめたい人にはピッタリです。

防水加工によりお風呂でゆっくりと使うこともできるので、毎日のリラックスタイムにも重宝します。

コンパクトで軽量なことから帰省先や旅行先に持って行って、いつでも自信の持てる自分へとサポートできますよ。

使い勝手が最高で、実力もあるんですよね。
さすが美容大手メーカー「ヤーマン」の美顔器だな~という印象ですよ。

エレクトロン 電気バリブラシがおすすめな人

エレクトロンのデンキバリブラシ2.0+BODY
  • 女優さんも使う本格派の美顔器を使ってみたい人
  • いつも頑張っている自分へのご褒美として買いたい人
  • 頭皮や顔だけでなく全身をときほぐしたい人
  • エステに通うことなくおうちで徹底的な美肌ケアをしたい人

ELECTRONのデンキバリブラシは予算に余裕があり、全身をくまなくケアしたい人におすすめです。

低周波を利用したデンキブラシは、全身をじっくりとときほぐしエステ級の癒やしを与えてくれます。

「自分へのご褒美に奮発したい」「女優さんレベルを目指したい」という人にはピッタリの美顔器ですよ。

高額商品ですが、レンタルもできます。
使ってみたい人は気軽にお試しをしてみてくださいね。

電気バリブラシをお得におためし

出典:エアクロモール

ELECTRON公認レンタルサイト「エアクロモール」では、電気バリブラシ2.0を1ヶ月18,900円(税抜)でレンタルできます!

✔約20万円以上する商品を買うのは勇気がいる
✔買って後悔したくない
✔お試ししてから買うか決めたい

という人は、気軽にレンタルしてみましょう▶エアクロモール

ELECTRON公式はこちら▶デンキバリブラシ公式通販サイト

スカルプリフトと電気バリブラシの違いを比較について、よくある質問と回答

Q:スカルプリフトのEMSとデンキバリブラシの低周波の違いは?

A:EMSは普段動かさない筋肉を刺激して鍛えるイメージ、低周波はじっくりとマッサージするようなイメージです。

Q:手持ちの化粧水やジェルを使えるのはスカルプリフトとデンキバリブラシどっち?

A:スカルプリフトです。スカルプリフトは手持ちの化粧水やジェルと一緒に使えます。一方、デンキバリブラシは専用のローションが必要です。

Q:ほうれい線ケアに使えるのはスカルプリフトとデンキバリブラシどっち?

A:どちらもフェイスラインに使うことで上向き印象な表情へと導きます。(効果には個人差があります)

Q:お風呂で使えるのはスカルプブラシとデンキバリブラシどっち?

A:お風呂で使えるのはスカルプリフトです。(水没は×)くわしい使い方は『スカルプリフトの効果的な使い方とは』を参考にしてください。

Q:スカルプリフトプラスとアクティブプラスの違いは?

A:アクティブプラスの方がEMS体感が約2倍になっています。より刺激を感じたい人におすすめです。くわしくは『スカルプリフトアクティブプラスの違いとは』をご覧ください。

Q:デンキバリブラシはどこで買える?

A:ELECTRON公式のデンキバリブラシ公式通販サイトで買えます。正規店ごとの値段やキャンペーンは『デンキバリブラシの最安値は?1番安く買う販売店はどこ?』をご覧ください。

Q:ヤーマン(myse)スカルプリフトの販売店は?

A:ECショップにあるヤーマン公式や家電量販店で買えます。くわしくは『スカルプリフトの最安値はどこ?1番安く買う方法は?』を参考にしてください。

Q:ヤーマン(myse)の偽物があるって本当?

A:ヤーマン商品は模倣品が見つかっていたり、ミーゼ商品の高額転売がされているケースがあるようです。くわしくは『スカルプリフトの偽物がある?本物との見分け方とは』を参考にしてください。

まとめ:スカルプリフトと電気バリブラシの違いを比較!どっちがおすすめ?

以上ここまでヤーマン「スカルプリフト」とエレクトロン「電気バリブラシ」の違いを比較してご紹介しました。

おさらいをしましょう。


スカルプリフト
アクティブプラス

デンキバリブラシ
2.0+BODY
値段
ランニングコスト
59,400円217,800円
専用ローション6,380円
使用部位頭皮・顔・首・肩頭皮・顔・からだ
刺激の種類EMS
LED(赤)
マイクロカント
バイブレーション
低周波
LED(赤+青)
ピンの数フェイス:22本
スカルプ:12本
フェイス:32本
ボディ:48本
防水加工×
充電/使用時間約180分でフル充電
約30分使用可
約150分でフル充電
約300分使用可
重さ約123gフェイスのとき約197g
ボディのとき約278g

値段を抑えて、頭皮や顔まわりを重点的にケアしたい人はスカルプリフトを。

自分へのご褒美として買って、全身をくまなくときほぐしたい人はデンキバリブラシがおすすめです。

ELECTRON公式はこちら▶デンキバリブラシ公式通販サイト

タイトルとURLをコピーしました